これからの技術者のあるべき姿という理想と現実のギャップに苦悩する日々の日記です

ブログ一覧をご覧になりたい場合は、サイトマップをクリックしてください。

2019年

3月

03日

ひな祭り

今日はひな祭りですねー。

 

昨年は欧州出張が重なりお雛様を出せませんでしたが、

今年はばっちり出しました。

 

我が家の娘もすくすく育ち、

いよいよ一番下の子も小学生です。

 

時がたつのは早いです。

 

 

 

今日は日曜日ということもあり、

管理人が夕飯を作ろうかと思っています。

 

本当はゴージャス(?!)にやりたかったのですが、

一番下の娘が熱を出していて食欲がない上、

外は冷たい雨、ということで五目ずし+昨夜の残り物でお祝いしようと思っています。

 

 

ふと思うことがあるのですが、

お雛様はいつまで飾るんでしょうね?

 

管理人にも姉がいますが、せいぜい小学生くらいまでだったような気がします。

 

一年がこのスピードで過ぎていくと、

子供たちが小学校を全員卒業するのもあっという間ではないかと感じます。

 

一緒に出掛けてくれるのもあと何年かなー。

 

そんなことも考えます。

 

 

子供の成長は大人の想像を超えるスピードです。

 

こうやって世代交代が進んでいくのだな、

なんていうことも感じたりしています。

 

 

限られた子供たちとの時間を大切にしながら、

今日も質素ながら楽しいひな祭りにしたいと思います。

 

 

2019年

2月

11日

ノートPC買い替え

お気に入りのAsusのノートPCのHDがどうやっても空きがでず、

動作もおかしくなってきたことから、買い替えをすることにしました。

 

 

管理人はノートPCは2台持っており、

一台が会社や自宅で使う高スペック(一般的)のPC、

もう一台が今回買い替えをした出張用のノートPCです。

 

自宅や会社で使うPCは検査の画像解析や、寸法検査の検証などを行うため、

どうしてもある程度のスペックは必要。

 

購入して1年以上経ちますが、今でもスペック上の障害はなく、こちらのインプットに対し的確なアウトプットを出してくれます。

 

 

一方の出張用のものについて最も大切なのは、

 

 

「軽さ」

 

 

のみ。

 

 

持ち歩くときに重いか否かだけが重要です。

 

 

今まではASUSの11.6インチのものを使っていました(まだ今でも使っていますが)。

 

出張用としては何の問題もありません。

 

もちろん、画像による検査結果の検証などはできませんが、

そのような作業を出張中にやることはあまりなく、

OFFICEの基本的なソフトを使えれば十分。

 

重さはちょうど1kg程度(アダプター除く)。

 

それでもHDが32GBしかないのが致命的で、

4年目に入ろうかとしている最近になって、

色々と厳しくなってきました。

 

 

今度買い替えるものは920gちょっとのNECのPC。

 

CPUはCeleronですが、上述のPCの使い方であれば全く問題ないでしょう。

 

HDがネックにならないよう、256GBのSSDにしました。

それでも価格は大台(10万円)に乗らずに抑えられました。

 

でもいつも思うのです。

 

 

OSのアップデートでHDを食いすぎてはいませんか、と。

 

 

まだ使えるPCを泣く泣く引退させなくてはいけないというこの事実。

 

なんとも腑に落ちません.....。

 

 

 

2018年

12月

19日

歯が痛い.....

3日ほど前、歯を磨いていたら突然歯痛が....。

 

まさか......

 

遂に......

 

 

虫歯??

 

 

そんな不安に駆られました。

 

 

おかしいなぁ.....。

歯を削るの嫌なので、毎年歯科検診うけているのに....。

 

 

昨日早速歯医者に電話。

 

時間は何時でもいいので、明日空いていますか、

と聴いたところ偶然昼前の時間で予約を取れました。

 

 

最初は歯科衛生士さんから、状況を聴かれ、

 

 

「空気と水を当てますので、しみたらいってください」

 

 

とのこと。

 

 

シュ!とやると、

 

う~ん、やはりしみる。

遂に虫歯か....。

 

 

そうすると歯科衛生士さんが、

 

「先生に見せる写真を撮影するため、レントゲン撮ります」

 

ということで、よくわからない輪っかのようなものを加えて被爆。

 

 

恐る恐る先生が来るのを待っていると、

 

 

「あれ?!どうしました?」

 

と意外そうな顔。

 

最近検診に行ったばかりなので、なんとなく覚えていてくれたのか、カルテを見て何事かと思ったらしい....。

 

 

 

すると、先生が写真を見て一言。

 

「う~ん。虫歯ではないですね。知覚過敏ですね。」

 

お~、歯を削られなくて嬉しい一方、やはり歳をとったのだなーと再認識。

 

 

早速、しみるのを防ぐ薬をぐりぐり塗ってくれました。

 

 

 

先生にこれ以上ひどくならないための対策を聴いたところ、

 

「知覚過敏用の歯磨き粉を使い、あまり強く磨かないことですね!」

 

とさわやかな返答。

 

 

ということで、今日から管理人はシュミテクトを使うことにしました。

 

歯を削る恐怖感からは解放されました!

 

 

気分よく新年を迎えられそうです。